脳卒中臨床を究める:阪大・脳循環グループでの研修・進路

 我が国は高齢化社会を迎え、脳卒中は寝たきりの最も多い原因として社会問題化しています。われわれのグループは、大阪近郊の関連病院を拠点に、大阪大学医学部附属病院脳卒中センター 神経内科・脳卒中科 脳循環研究室を中心として、脳卒中の発症予防、血管内治療などの先進的な急性期治療、有効な再発予防を模索するため、若い先生方とともに臨床研修、基礎研究に日夜邁進し続けています。脳卒中臨床に興味がある先生方、ぜひ飛び込んで来て下さい。お問い合わせはこちらまで。
 このページでは、阪大・脳循環グループの基本的な研修・進路とそのコンセプトをご紹介します。


初期研修2年間

高度な脳卒中診療を行うためには集学的な知識と経験が求められます。大阪大学病院国立病院機構大阪医療センター国立病院機構大阪南医療センター大阪労災病院星ヶ丘厚生年金病院、淀川キリスト教病院などの関連病院で幅広い良質な臨床研修を積み、さらに各施設の脳卒中(脳血管)内科、神経内科もローテーションして頂き、脳卒中診療、神経疾患診療の初歩や基本概念を理解するようにします。

後期研修3-5年間

様々なvariationがあります。初期研修を行った病院で脳卒中臨床の基本手技(各種超音波検査、脳血管造影、CT,MRI,RI画像診断力向上など)や基本的な治療方針の立て方、脳血管内治療などを研修して頂きます。また国立循環器病研究センター脳神経内科神戸市立医療センター中央市民病院脳卒中センター大阪大学病院脳卒中センター(大学院も可)でさらに濃密な脳卒中臨床、神経内科臨床の研鑽を積んで頂くことも可能です。この間に各専門医の基盤となる日本内科学会認定医を取得することをお勧めします。他の施設で初期研修を行い、脳卒中臨床に興味を持った先生方の加入も大歓迎です。

卒後6-10年

大阪大学大学院(神経内科学講座など)で臨床応用に直結した脳卒中基礎研究・臨床研究にいそしんで頂くことも、各関連病院の主力脳卒中医として活躍して頂くこともできます。この時期に、日本神経学会専門医、日本内科学会総合内科専門医等を取得すれば、引き続いて日本脳卒中学会専門医を取得できます。また日本脳神経血管内治療学会専門医を取得するコースも準備しています。大学院に進まれた先生は、医学博士号を取得することができます。

その後

海外留学でさらに基礎研究を深めたり、関連病院で脳卒中臨床の達人となり、後輩を熱く指導しながら、いずれにしても脳卒中撲滅をめざして邁進することになります。

お問い合わせはこちらにお願いします。