脳卒中検査の解説

脳卒中検査の解説

X線CT(コンピュータ断層法)

現在では非常に普及していて珍しくありませんが、登場時は脳卒中の診断に革命をもたらした装置です。X線の透過の程度からコンピュータを用いて体の断層像を作成します。現在でも脳卒中の最初の診断はこの装置が主で、脳出血やくも膜下出血は発症直後から簡単にわかります。



MRI(核磁気共鳴断層法)/MRA(MRアンギオ)

MRIは磁気を使って体の断層像をつくる方法で、脳組織の非常に微妙な変化まで検出できる優れた装置です。CTに比べて情報量が多く脳卒中診断の強力な武器です。X線CTと異なり放射線の被曝がなく安心な検査ですが、心臓ペースメーカや磁性金属を埋め込んでいる人では検査ができません。狭くて大きな音がするので不安になる方がありますが、人体には何の影響もありません。 MRアンギオはMRIを使って太い脳血管を映し出す方法で、造影剤を使用しないので造影剤のアレルギーの心配なく血管の変化や動脈瘤を調べることができる優れた方法です。ただし細い動脈についてはまだよく見えません。  

脳血管造影検査

脳血管造影検査は造影剤を使うことによって細い脳動脈にいたるまで調べる検査です。カテーテルという細い管を大腿部または上腕の動脈からいれて目的の脳血管まで進め、造影剤を注入します。血管の詰まった場所や動脈瘤の存在を正しく診断することができます。血栓溶解薬を直接注入したり、先に風船のような器具がついたカテーテルで、動脈の狭い場所を押し広げるような治療も行われています。ふつうは入院して行います。



脳波検査

脳波検査は意識状態に問題がある場合や、失神発作など、てんかんなどの関与が考えられる時におこなわれます。また脳卒中の跡がまれに痙攣発作の原因になることがあります。






頸動脈超音波検査・経頭蓋超音波検査(TCD/TCCFI)

超音波検査は痛みや危険性をほとんど伴わずにできる検査です。頸動脈の動脈硬化の様子を細かく画像化したり、脳内動脈の血流速度を測定したり、流れてくる血栓を検出したりすることができます。


経食道心臓超音波検査

経食道心臓超音波検査は心原性脳塞栓症における病態評価や原因不明の脳梗塞に対する塞栓源検索に必要不可欠な検査です。心内血栓や弁疾患、大動脈弓部の粥腫(アテローマ)の状態の確認や、若年者脳梗塞の原因としても重要な奇異性脳塞栓症をひきおこす心臓内の右左シャント(卵円孔開存:PFOなど)の有無を観察します。
A:検査風景とプローベ。 B:左心耳内に高輝度な血栓を認める(矢印)。 C:大動脈弓部に10mmの粥腫を認める(矢印)。大動脈弓部の4mm以上の粥腫は脳塞栓症の原因となりうる。 D:右房から左房にコントラスト剤の流入が観察され(矢印)、右左シャント(PFO)を確認(赤矢印)。下肢などに静脈血栓があるとPFOを介して動脈系に入り、脳塞栓症を発症する(奇異性脳塞栓症)。

脳血流SPECT/PET

いずれも放射性同位元素を使って脳の機能を調べます。CTやMRIが脳組織の形態的または質的状態を検出するのと異なり、脳血流SPECT(スペクト)/PET(ペット)は脳組織に流れ込む血流などの機能的な状態を検査します。脳血流SPECT(スペクト)は名前のとおり脳局所の血流を画像化する装置で、脳卒中の際に組織がどの程度、あるいはどの範囲で障害されているか調べることができます。脳PETは特殊な検査で実施できる施設は非常に限られますが、脳組織の血流だけでなく酸素代謝の状態や脳のエネルギー源であるブドウ糖代謝の様子なども調べることができます。