脳卒中病名の解説

脳卒中病名の解説

脳卒中は脳の発作で、別名「脳血管障害」と呼ばれるように脳の血管が原因でおこる病気の一般的な総称です。 この中には原因・成因を異にする複数の病気が含まれています。この章では混乱しがちな脳卒中の病名について簡単に解説し、正しく理解していただく事を目的にしています。医学的に厳密に言えば小さな間違いもあるかもしれませんが一般的な教養のレベルをめざしていますのでお許しください。 

脳梗塞(のうこうそく) 

脳梗塞は脳の動脈が詰まる疾患で大きく分けて次の分類があります。 
  • 脳血栓症:  脳血栓症(のうけっせんしょう)は脳の動脈の壁に血栓(血液成分の固まり)ができる(原因はほとんどが動脈硬化)ことによって血管が詰まり、その血管が養っている部分の脳組織が傷害されることによって、麻痺や感覚障害がおこります。典型的には急に症状が起こり、数時間から数日かけて症状が動揺しながら固定してゆきます。 
  • 脳塞栓症:  脳塞栓症(のうそくせんしょう)は心臓や大動脈などで形成された血栓が脳の動脈に流れ込み、大きさに応じた血管を詰めてしまうことにより、その下流の脳組織が傷害されることによって症状が出現します。心筋梗塞の既往がある場合や、心房細動(しんぼうさいどう)と呼ばれる不整脈、弁膜症などが原因として重要ですがはっきりしないものもあります。典型的には突然症状がおこり、短時間で固定します。詰まる場所によっては非常に重症で、初期から昏睡に陥る場合があります。 
  • 出血性脳梗塞: 出血性脳梗塞(しゅっけつせいのうこうそく)は脳梗塞の特殊型です。脳梗塞になった組織では血管の壁も傷害されており、動脈を詰めていた血栓が自然に、または治療によって溶けると再開した血液の圧に耐えきれずに血管壁が破れて一度梗塞になった組織やその周辺に出血をおこすことがあります。一度安定した症状が再度悪化する原因になります。

脳出血(のうしゅっけつ) 

脳出血はおもに高血圧を基礎疾患に持つ方に発症します。脳内の比較的細い動脈が破綻することにより脳組織内に出血します。脳腫瘍や血管の奇形のために出血することもあります。出血すると中心部の組織は破壊され、血液の「溜まり」ができるため周辺の組織は圧迫されて機能障害をおこします。出血に伴い症状は突然発症し、出血が大きいと意識障害なども起こってきます。症状から脳梗塞と区別することは困難ですが、発症直後のCT検査で確定することができます。出血の場所・大きさにより溜まった血液を脳の外から吸引する手術を行うことがあります。

 くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ)

 
くも膜下出血は脳の表面とそれを覆う「くも膜」とよばれる薄い膜の間に出血する疾患です。原因は脳の比較的太い動脈にできた瘤(脳動脈瘤)が破裂することです。脳動脈瘤ができる原因についてはまだよくわかっていませんが両親のいずれかがこの病気の場合、子におこる確率はそうでない場合より高いことが知られています。脳卒中全体の治療法の進歩にもかかわらずこの疾患では死亡率が非常に高く、後遺症なく社会復帰が可能なのは3分の1程度と重篤な疾患です。症状はこれまで感じたことがない程の激しい頭痛が特徴的です。治療法としては原因となった動脈瘤に開頭手術下にクリップをかける方法とカテーテルを使って動脈瘤に詰め物をする方法があります。 

一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ) 

一過性脳虚血発作とは脳卒中の症状(手足の脱力、しびれ感、呂律が回りにくい、視野の一部が欠ける、言葉がでてこない)などが急におこり、24時間以内に完全に消失する症状を言います。多くの発作は症状が軽く、数分から数時間以内に回復します。原因は小さな血栓が出来て、それがすぐに溶けることで起こることが多いと考えられています。一過性脳虚血発作は本格的な脳梗塞の前兆として起こることがあり、すぐに治ったからと安心せずに早急に専門医を受診してください。

無症候性脳梗塞(むしょうこうせいのうこうそく) 

無症候性脳梗塞とはこれまではっきりとした脳卒中の症状を経験してないにも関わらず、CTやMRIといった脳の画像診断で脳梗塞に相当する像がみられるものをいいます。これらのほとんどは大きさが5mmから10mm以下で大脳の深部の白質(はくしつ)または基底核(きていかく)と呼ばれる部分にみられます。非常に小さな動脈が障害されておこる梗塞で、脳の症状が出にくい場所におこったものと考えられます。年齢とともに徐々に出現頻度・個数が増え、特に動脈硬化の危険因子をかかえているひとでは高率にみられることから動脈硬化の目安のひとつと考えられます。